小さな小窓DE大きな感動

小さな小窓=ノートPCやスマホ。大きな感動=娯楽作品すべてに愛を。

映画「花戦さ」は動画視聴できない?無料見放題について

      2019/05/02

映画「花戦さ」|高画質

以下でのサイトで映画「花戦さ」をみると危険!?

いくら映画「花戦さ」を無料で観たいからといって、以下のようなサイトは危ないです。

これらにアップロードされている無料動画は、配信権利を取っていないにもかかわらず流出しちゃっています。

つまり違法アップロードなので、罪になります。

映画「花戦さ」|違法

そして、違法動画をみた側の人にも危険が潜んでいます。

まずダウンロードしたら罰則がありますし、それにもし警察からお咎めがなかったとしても...

ウイルス感染や個人情報のスキミングなどに引っかかる可能性もあります。

特に上記以外のゴッテゴッテの広告だらけの海外サイトとかにも要注意です...(´・ω・`)

配信権利のある、正当なサービスを使おう

わざわざ罪悪感を抱きながらみなくても、ちゃんと正当なサービスを使えば120%楽しむことができますよね。

大手のTSUTAYAのサービスなら、安心です。

映画「花戦さ」|動画

しかも無料動画もラインナップが多いので、退屈せずに済みますよ。

ぜひ無料キャンペーン中に試してみください。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

もし無料キャンペーンが終わっていたらすみません(´・ω・`)

ネタバレ注意!映画「花戦さ」のレビュー集

独裁者の暴走を止めるのは庶民の教養だ!!
己の野望のために人命を軽んじる戦国の武将、信長に、命あるものの尊さを以て対峙しようとした華道界のレジェンド、池坊専好の、文字通り命がけの戦いは、改めて華道の奥義というものを我々に教えてくれる。
生け花独特の時に大仰にも感じる表現が、実は限りある植物のはかなさと、だからこそ生まれる力強さの証明だと気づかされるからだ。野村萬斎の個性が専好の飄々としてユーモラスな佇まいとマッチしている。狂言と華道の融合とでも言おうか。
それにしても「花戦さ」とは美しくも生々しいタイトルだ。"独裁者の暴走を阻止できるのは、庶民の教養とユーモア以外の何ものでもない"という映画のメッセージは、恐らく作り手の思惑を大きく超えて、今を生きる日本人の心に深く突き刺さるだろうから。
喜劇の体をとりつつも、日本の美意識をしっかり映像化
狂言師の野村萬斎が主役というだけあって、上品なドタバタ喜劇の体裁でストーリーが進む。その一方で、花を生けるというソフトな表現手段で権力の横暴に対抗する、そんな「和の心」が後半の展開を牽引する。喜劇だからといってけっして終始騒々しいわけではなく、花を生けたり茶をたてたりするシーンではきちんと静謐な時間が流れる。
もちろん、華道家元の池坊が協力した生け花の数々を作中で楽しめるほか、利休庵で深い光沢を放つ漆の黒、素朴な味の陶器など、日本の美意識がわかりやすく映像化された印象だ。
往年のチャンバラ時代劇に馴染んだ世代には、花をもって天下人を制すというコンセプトは物足りないかもしれない。それでも、いわば「草食系ヒーロー」のコメディーとして、今の時代感覚に合う快作だと思う。
花の仕事をしているので
時代背景はあまりわからない状態で観ましたが花と茶を通じて時代の背景も気になるくらいが華道と茶道が描かれていました。
最初から花の持つ力ともてなしの心を持った主人公に心をわしづかみされていっときも飽きずにスクリーンから目が離せませんでした。
改めて自分のしている仕事の大切さや志を見つめなおせた映画でした!
桃山の影を道端より眺める
歴史考証は「生で見てない限り全てあり得る」が持論なので、変に思い込まず堪能させて頂きました。専好さんと関わる其々の間合いが、いとおしくせつなくあたたかい。それだけに、一つ一つの別れが締め付けられるように苦しく、引き込まれていきました。
最後のアレは専武さんの仕込みだと、勝手にジンワリ。何せ原作読んでないもので…。
道に生きる
野村萬斎さんの生き生きとした演技と周りのやりとりに終始笑いつつ、本当に天才的な方だったんだろうなと想像が膨らみました。
お花も大きな作品はもちろん、小さな作品も一つ一つが素晴らしかったです。華展に出すだけでも大変なのに、一瞬のシーンのためにどれほどの人が関わったのかと思うと、エンドロールの池坊の方のお名前の多さも頷けます。池坊さんだから映画化できるんじゃないかなと思います。
専好や利休、信長、お茶やお花の本質を理解する者たちとそうでない秀吉。秀吉には町人たちの揶揄も相まってバカにされているように感じるんです。でも他人をバカにするとか、誰が一番とかないんですよね。昔、茶道も華道も一生かけて学ぶもの、自分のことだけ考えて、自分と向き合うんが”道”というものだと母から聞いたことがあります。
華道や茶道の本来の姿と奥深さを思い知らされたように感じました。
レビュー引用元:http://eiga.com/



無料で済むうちに、ぜひ試してみてくださいね。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「花戦さ」|無料動画

普通のレンタルビデオ屋さんとは違い、TSUTAYAディスカスは、ネットで注文すると、家まで届けてくれます。

だから・・・

メリット①:なんと言っても返しに行かなくてもいい!

楽チンです。DVDなら、一度に2枚までですが、メール便でポストまで届けてくれます。

延滞料金も、契約内容によってはかかりません。

返却はポストに投函するだけ。

映画「花戦さ」|フル

雨や雪の日に延滞料金の為にわざわざお店に返しに行くような手間がなく、おうちで好きな時に見て返せばいいだけなので自分のペースで楽しめます。

ちなみに漫画も一度に30冊まで!

貸出期間も20日21泊と長いんで、漫画喫茶に行かなくても、自宅で好きな漫画が楽しめますよ。

こちらは郵送手段は宅配便なんで受け取りは自宅、返却は近くのヤマト運輸が使えるコンビニにてできます。

映画「花戦さ」|映像配信


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

メリット②:観たい映画などをネットで選べる!

お店に行くと、ついつい目の前にディスプレーされているものを目移りして借りてしまったり...

借りたい旧作がなかなか見つからなくて時間を無駄にしたりしますよね?

ネットなら、観たい映画を検索して選ぶだけです。

旧作もサクッと見つかります。

メリット③:恥ずかしい作品も堂々と借りれる!

子持ちの私、レンタルショップに好きな俳優が 出ている映画もなかなか借りられません!

息子に「あー!イケメンの〇〇くんが出てる新作!」とかお店で言われるからですw

かと言って、息子だけで留守番できないから、お店で借りるなら連れて行かなきゃいけませんが、子連れでいくのはストレス溜まります。

TSUTAYAディスカスなら、借りれる2本のうち、1本は息子の好きなアニメ、もう1本は私の趣味!で借りれます。

時々、旦那のリクエストも聞いて借りておけば「お、気がきくね」と大好評。

高画質なフル映像。

ストレスなしで家族皆んな満足のTSUTAYAディスカスなのです。

あと聞いた話だと、一人暮らしの方で、アダルトジャンルのためっていうのもあるようですw

動画配信もあって通勤の電車内でもOK

あと電車のなかでもスマホで映画みてるヒトっていますよね?

映画「花戦さ」|動画レビュー

あれは動画配信サービスを利用している方のようですね。

当然、TSUTAYAでもオンライン動画配信しているので、これがなかなか重宝します。

サラリーマンの旦那さんが使ってもいいし、子どもが観ればおとなしくしててくれるし。

そして私自身が寝る前に楽しむことも...w

もちろん一人暮らしの方でも、ちょっとした空き時間に使えます。

ただスマホをだらだらいじるより、ずっと充実した時間を過ごせます。

それぞれの生活習慣にあわせて利用できるのが便利ですね。

今じゃ手放せません。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

 - レビュー&愛用サービス