小さな小窓DE大きな感動

小さな小窓=ノートPCやスマホ。大きな感動=娯楽作品すべてに愛を。

葛城事件の視聴者レビュー!オススメ度★★★★☆

   

葛城事件を視聴した方々のレビュー!ネタバレあります

イヤな映画だけど、いい映画
よく見ると家族の在り方は昔から変わっていないのに…

どこかで歯車が合わなくなったのか、それとも元々の溝がより深くなったのか?

よく耳にする「家庭環境が悪い」はどう考えても逃げだと思っていた。

見終わってもやっぱり逃げであることに変わりないけどなるほど、それってこういうことかと。

目の当たりにした光景が、団塊Jr.としてはあまりに日常すぎて辛く、感情や理想の押し付けで徐々に大きくなるひずみを抱えたままつっ走る、あの、昔よく見た感じ。

立ち位置的に、長男の感情が痛いほど分かってしまって無事精神崩壊

お父さん
これわお父さんが全ての発端
横暴で勝手で人をだめにする
にしても最悪な結果になったなー
兄自殺 弟人殺し 母精神病み 父親もボロボロ
自分なら生きてられないなー

日本人はこうゆうのが好きだなぁーと。

黒沢清の『トウキョウソナタ』を思い出せられるわー

家に悲しい事ばかり。

あの家もどっかでおかしい。

ただしあそこにはお父さんは失業。

お母さんは心理的に家に縛られている。

子供は自分の世界を探している。
結局家庭外部の父の失業はきっかけだ。
とても重かった。
引用元:https://www.yahoo.co.jp

なんだかこういうの読むと、ジワジワきますね。また観たい!

葛城事件をまだ観てない?

もし、あなたが気になってるけど、まだ葛城事件を観ていないなら、以下のページに飛んでみてください。
終わってたら申し訳ないですけど、基本的に無料で観れるはずですよ!
葛城事件を無料で視聴できる紹介ページへ飛ぶ!(ここをクリック)

葛城事件にちなんだ他の記事をチェックする?

葛城事件について書いてあるページはたくさんありますよね。
そのなかでも、こちらのページは何だか面白かったです。
葛城事件についての他の記事ページへ

葛城事件を観終わった?ならこんな作品もオススメ!

■黒の女教師(ドラマ)

主人公はとある進学校の副担任で、生物を教える教師です。

これは表向きで、さまざまなことで悩む生徒を止める代わりに生徒からお金や大事なものを徴収するといういわゆる「裏の取引」をしています。

この主人公に他の二人の教師も賛同し、3人でこの活動をしていくという物語です。

本編では、風俗で働く生徒や肩書を求められる生徒など、さまざまな生徒が登場しますが、主人公がそれらの悪玉である店長や親を成敗していきます。

具体的には、巧みな話術を使い、悪玉を追い詰めて、最後には豪快な蹴りを入れる。

ここが私の一番の見所です。

このときの決め台詞が「愚か者ぉ~!」です。

放送していた時はこれを聞くために見ていたと言っていいほど、気持ちが良かったです。

また、このドラマの主題歌も魅力的です。

歌っているのは”UVERworld”で、曲名が「THE OVER」です。

これが流れるのが、悪玉を成敗したあと生徒が「ありがとう」と言って返っていくシーンでかかります。

物語の波が大きいため、こういう場面でグッときます。

エキサイティングでありつつも感動をも呼ぶ、非常に面白いドラマになっています。

葛城事件の動画配信サービス(無料)はこちら!※違法ではありません

ってことで、”葛城事件の感想”・”ほかのオススメ作品の紹介”でした!
最後までありがとうございます。

 - 小窓から失礼します