小さな小窓DE大きな感動

小さな小窓=ノートPCやスマホ。大きな感動=娯楽作品すべてに愛を。

映画「嫌な女」の総評いきます

   

嫌な女を観た方のレビュー!

黒木瞳さん、監督作品

誰かにとって嫌な女は、他の誰かにとっていい女なのかもしれない。後味のいい物語だったと思う。ドラマもあるようなので、そちらも見たいです。

演技力
木村佳乃さんと吉田羊さんの流石の演技力。
笑える場面が結構あった。

少し内容が浅い気が…。

吉田羊さん素敵でした!!!

テンポが合わなくて途中ウトウトしそうになったけど、最後は前向きな気持ちになれる映画でした。
コメント元:https://www.yahoo.co.jp

個人的には、年内のなかでもトップ10には入りますけどね。
あまり万人向けではないかもしれませんが、好きな人は好きな・・・は・・・ず!

もし、まだ嫌な女を観てないなら

私は、これ使って観ました。今すぐ観れますよ。
フル動画を、スマホやPC・タブレットでみれるんです!
今ならチャンスなんで、まだ嫌な女を観てない方は、この機会にどうぞ。
嫌な女のフル動画を無料視聴する!配信終了してたらすみません~

嫌な女は高評価?他のブログもちぇっく!

嫌な女は、6対4くらいで高評価のようです。
こちらのブログも、まぁ賛否両論あるようっすね(*'ω'*)
嫌な女に触れている他のブログ

私的おすすめ作品!嫌な女が好きなこちらもどうぞ

■ダイヤのA

主人公である野球少年・沢村栄純が、野球名門校で甲子園出場を目指して奮闘し、エースピッチャーを目指し成長していく姿を描く高校野球漫画である。

本作は強豪校への野球留学を肯定的に描かれた漫画で、部員数が100人近くいる野球部を舞台としています。

強豪校がひしめく東京地区を制し、さらに全国制覇することを目標とし1年生でレギュラーを勝ち取る。

主人公のピッチングスタイルは、バックを信じ打たせて取るというもので、ライバルの古谷は剛速球を武器に三振の山を築くピッチャーで沢村は古谷からエースの座を勝ち取る目標がある。

負ける悔しさ、打たれ弱さを経験し練習に励む沢村の人間性に感心しました。

チームワークは漫画を読む側を感動させる作品となっています。

一番素晴らしいのはキャッチャーである御幸の野球の上手さが輝かしいです。

嫌な女のフル動画を無料視聴する!配信終了してたらすみません~

以上、「嫌な女の感想コメント・他のオススメ作品紹介」でした。

 - 小窓から失礼します